非競合コミュニティースーパー 株式会社今治デパートのホームページへようこそ
本文へジャンプ
森数 美香(もりかず みか) 
1983年生まれ 2006年入社   ショッパーズ大洲店 惣菜担当


 仕事をしていて嬉しい瞬間・・・。 
 お客様に「ありがとう」と言ってもらえた時。それがこの仕事をしていて一番嬉しい瞬間です。いつもその気持ちを持ち続け、お客様も従業員も笑顔でいられるお店にすることが私の目標です。
 大洲店では、お弁当に力を入れています。毎日楽しみにしてくださっているお客様に満足していただけるよう、惣菜メンバー一同心を込めて作っています。また、手作りの唐揚げやとり天、和惣菜で、大洲店ならではの商品作りにも挑戦しています。作る方は楽しんでいますし、お客様にもっと「おいしい。」と言ってもらえるように、手作りの商品を増やしていきたいです。
 どうしたらもっとお客様に喜んでいただけるかを考えて、毎日みんなで売場を作っていくのはとても楽しいです。少しずつでも変化をつけて、いつも来てくださるお客様も選ぶのに迷うくらいの売場作りを心がけています。
 大洲店からたくさんの笑顔を生み出せるように、これからも努力していきます。ぜひ大洲店にお越しください。

 


中山 和之(なかやま かずゆき) 
1959年生まれ 1987年入社   商品供給部リーダー
兼物流センター長

 今までどんな仕事を経験しましたか?
 入社時はライフショップ常盤店に配属されました。その後ライフショップの店長を数店舗経験させて頂き、商品部でバイヤーという仕事に就かせて頂きました。当時は日用品・雑誌部門・タバコなど「食べられない商品は全て担当」ということで辞令を頂きました。そして約10年間、商品部でデイリー・ドライ・菓子・米・酒・惣菜などの担当を経験し、その後ショッパーズで5年間ほど店長をさせて頂きました。また、初期型の物流センターから今の形に至るまでを担当させて頂いています。
 現在は部門としては菓子・酒・米・タバコ・銘菓、その他販促及びシステム開発などを担当しています。そして2010年1月より、デイリー部門を担当することになりました。

 
 仕事をする上で意識していることを教えてください。

 1.仕事は一人でするものではないということ。多くの人が関わっています。ですから「相手の立場で考える=私がお客様ならと考え行動する。」ということが重要ではないかと考えています。人の意見を良く聞く・教えて頂くという姿勢は、仕事だけではなく、人生においても重要ですね。
 2.「自分の頭で考える。自分の意見を持つ。」ということも重要であると考えています。指示待ちでする仕事ほど退屈な仕事はありません。自分の周りで起こる事象に「なぜ、なぜ」というような問題意識を持ち、周りの人に聞いたり、調べていく中で、少しでも問題の本質に近づけると思います。このことは、自分自身の仕事に対するモチベーションの向上には不可欠な要素と考えています。
 「どんな粗末な頭でも、自分で考える。」私の座右の銘です。


先輩社員の声
三好 美樹(みよし みき) 
1982年生まれ 2000年入社   レジリーダー


 レジという仕事・・・。
 高校卒業と同時に入社して、早や10年目を迎えようとしています。入社6年目に、「全店のレジトレーナーをやってくれ」と言われた時に、即答で「はい。」と返事してしまったものの、どうしていいかわからない私に、「人に教えようとすると難しいから、自分が手本になって見てもらったらいいんよ。」と言ってくれた人がいました。その時の一言がなければ、今の私はなかったのでないかと思います。本当に感謝の気持でいっぱいです。
 私より、レジを打つのが速い人や、親切な対応ができる人はたくさんいますが、笑顔だけは自信があります。
 数ある中から、私たちのお店を選んで頂いたお客様に、最後に通過するレジで、私たちの笑顔で、「ここに来て良かった。また来たいな。」と思っていただけるようなお店を目指しています。
 佐伯 誉(さいき ほまれ) 
 1964年生まれ 1985年入社 店舗カイゼン部事業部長


 今までどんな仕事を経験しましたか?
 入社時は衣料品に配属されました。一年が経ち、ようやく仕事を覚え始めた頃、青果への配属を告げられました。今思えば、これが私にとっての転機だったと思います。その後6年間青果担当として仕事をし、30歳になる頃、青果バイヤーとして仕入を任されました。13年間、本部でバイヤー・リーダーとして店舗のサポート的な役割をやってきました。
 その後店長としてお客様と接する仕事を2年間経験し、そして2010年、エリア部長として7店舗の責任者として仕事をすることになりました。


 これからの目標を教えてください。
 「近所にあってよかった。」とお客様に言ってもらえるようなお店をつくることです。地域に根ざし、愛されるお店です。
 そして家族に、「あの店へ、あの会社へ、お父さんは勤めているんだ。」と自慢してもらえるようなお店・会社にすることです。そのために私のやることは、共に働く仲間と、「お客様に喜んでもらうにはどうすべきか。」を考え、実行していくこと。そして仲間の「ヤル気」を引き出していくことだと考え、今後仕事をやっていくつもりです。
 店を良くしていくのも、会社を良くしていくのも「人」だと考えています。

井上 拓直(いのうえ たくま) 
1983年生まれ 2007年入社   ショッパーズ内子店 鮮魚担当


 就職活動、入社、そしてこれから・・・。
 「なぜベストを尽くさないのか。」「仕事なんか何でもいいから、そこでベストを尽くすだけだよ。」と大学時代のアルバイト先の上司に頂いた言葉を真に受けて、内定を一番早くくれた今治デパートグループに入社しました。
 今はっきりと感じます。仕事は何だって良かったのだなぁと。あの時スパッと就職先を決めることができて本当に運が良かったなぁと。
 就職活動を極めてシンプルに終了させてもらったおかげで、大学4年生の貴重な時間を人よりたくさん与えてもらうことができました。おかげで良い気持ちで社会人になれました。
 今、私には充実した楽しい仕事があります。きっとこの先もそうだろうと思っています。将来何が起こって、どんな役割が与えられて、何をしているかはさっぱりわかりませんが、そう思います。
 お先真っ白です。
※撮影のため、帽子・マスクを着用していません。